こんばんわ~rinaです^^

今夜もランキングの続きを見ていくよっ!

ランキングみてないひとはこちら

→「いい人から脱却するためにとるべき行動ランキング」

 

さぁ今日は第6位

常に優しくするのではなく、たまに優しくせよ!

です。

 

「やさしい男性」ってのはモテの第一条件だと思うけど・・・

「常に」優しかったりしちゃうと

「いい人」を乗り越えて、

「便利クン」とか、「都合のいい男子」になっちゃう可能性もあるわけよ^^;

だから優しさにも、「さじ加減」が必要ってワケ。

 

 

いつも気を使ってくれる優しい人がいたら、

最初はすごく感激してても、そのうち優しくされる事になれちゃって、

ありがたみが減っちゃうことも、ある訳よ~。^^;

 

じゃあどうすればいいか、なんだけど、

いつもいつも優しくなくていい!って自覚することが第一だね。

なにか頼まれても 「時々断ってみる」とかさ。

「いいよ~」ってすぐ返答するんじゃなくて、

「どうしよっかな~」って、ちょっと渋ってみるとか。

「イエスマン」にはならないこと。だよね。

 

例えば、誘ったら、誰でもついていくような男性なんて

魅力ないですからw

「じゃああたしじゃなくて、いいじゃん」ってなるからね。

 

まぁ、rinaの知ってる男の子は、

常にみんなに優しかったけど、モテてたけどねw

彼は男女限らず友達が多かったから、

ちょっと誘ってみて、来てくれるかな~って思っても、

先約があって、断ったりしてたみたいだから、

そうゆうのが、女子のぷち嫉妬心を育ててたのかしらね~w

 

自分なりの「さじ加減」見つけてみてくださいね^^